業務内容

当事務所の業務内容としては、債務整理とその他一般民事事件・家事事件についての法律相談及びそこから開始される代理業務を柱としております。
どちらの事件につきましても、1度当事務所にお越しいただきご相談を承ることが必要となります。

債務整理

現在、サラ金やカード会社、銀行、住宅ローン会社、商工ローンその他金融機関に対する債務の返済にお困りの方に対し、最適な手続を提案させていただきます。

債務整理の類型としては、大きく分けると以降も返済を継続する手続と、以降の返済を行わない手続に分かれます。
以降も返済を継続する手続については、裁判所の決定に基づき債務を一定程度に圧縮する個人民事再生と、特に裁判所を通じることなく金融機関との交渉により債務を圧縮する任意整理に分かれます。

これに対し、以降の返済を行わない手続が自己破産です。

ご依頼者様の状況により、どの手続が1番適しているかは異なりますので、ご依頼者様のお話を伺いつつ、最適な手続による解決を目指していくことになります。

法律相談

通常、生活していくにあたっては、法律のことを意識しないのが通常かと思います。
しかし、例えば、友人にお金を貸したのに返してくれない、電気製品を購入したのに壊れてしまった、配偶者と離婚したいが応じてもらえない、親族が亡くなって相続をすることになったがどうすればいいのか分からない、このような事態は誰にでも起こりうる法律問題です。

このような法律問題につき、ご相談者様のお話を伺いつつ、どのように解決していけば良いかを共に考えていくのがこの法律相談になります。
勿論、依頼することを希望されるご相談者様からはご依頼いただき、以降、代理人として共に解決を目指していくことになります。