債務整理

現在サラ金やカード会社、銀行、住宅ローン会社、商工ローンその他金融機関に対する返済にお困りの方の債務を圧縮して無理なく返済できるようにする、または返済がそもそも不能に陥っている場合には債務全額の免除を受けることを目指すことになります。このように、債務整理は大きく分けると、以降も無理のない金額で返済を継続していく方法と、以降は返済をせずに債務の免除を受ける方法とに分かれます。

以降も無理のない金額で返済を継続していく方法としては、各金融機関との間で交渉し和解することにより債務を圧縮する任意整理と、裁判所の認可決定により定められた金額を支払うことで残額についての免除を受ける個人民事再生とに分かれます。

これに対し、債務全額の免除を受けることを目指す方法を自己破産といいます。

また、任意整理を行うに際しては、裁判所において金融機関と話し合いを行うことにより和解する特定調停という方法もあります。

さらに、任意整理、個人民事再生、自己破産、いずれの手続においてもいわゆる過払金が発生している場合には、過払金の回収も併せて行うことになります。

以下、それぞれの方法についての概要及び詳細につきご説明いたしますので、どの手続がご自分にとって最適か、お考えいただければと思います。

任意整理

任意整理とは、債務整理のうち、各金融機関との間で交渉し、和解することで債務を圧縮して、以降無理のない金額で返済していくことを目指す方法です。

自己破産

自己破産とは、債務整理のうち、裁判所に対し破産手続開始・免責許可を申し立て、最終的には裁判所の免責許可決定により、現在負担している債務の支払義務を免除してもらう方法です。

個人民事再生

個人民事再生とは、債務整理のうち、裁判所に個人民事再生開始を申し立て、その手続において裁判所に提出する再生計画案につき裁判所の認可を受け、その後に再生計画案に従い債務の一部を返済していくことにより、残りの部分についての支払いを免除してもらう方法です。

過払金返還

任意整理、個人民事再生、自己破産のいずれにおいても過払金が発生していることがあります。過払金とは、法律上認められている利率を上回る利率で利息を支払っている場合、余分に払った利息を元金に充てていくと、金融機関からはまだ債務があるものとして返済するよう請求されている場合でも、既に債務全額を完済しているということがあり得ます。このように、実は既に債務全額を完済しているにもかかわらず、金融機関から請求されるがままお金を支払い続けた結果発生するのが過払金です。