自己破産

自己破産とは、債務整理のうち、裁判所に対し破産手続開始・免責許可を申し立て、最終的には裁判所の免責許可決定により、現在負担している債務の支払義務を免除してもらう方法です。

デメリット

自己破産のメリットは、法律に定められている要件を備えていればすべての債務の支払義務について免除を受けられること、そのために最終的な解決までに費やす期間が任意整理・個人民事再生よりも短期間となること、任意整理・個人民事再生よりも金銭的な負担が小さくて済むこと等が挙げられます。

デメリット

自己破産のデメリットは、すべての債務について同様に免除を求めなければならないところローン返済中のご自宅や自動車をお持ちの場合これらを手放さなければならなくなること、現金や預金を一定額以上持っていたり、物品・債権等を問わず高額な財産を持っている場合にはこれを手放さなければならなくなる可能性があること、裁判所に申立書を提出するためにご依頼者様ご自身に多数の資料を集めていただかなければならないこと、破産手続開始から免責決定が確定するまでの間就くことのできない仕事が法律上定められており、これらの仕事に就いている人が自己破産をすれば職を失う可能性があることなどが挙げられます。

また、すべての債務整理手続に共通することですが、個人信用情報機関(所謂ブラックリスト)に事故情報が掲載されることになり、以降数年間は新たにお金を借りる、ローンを組む、クレジットカードを作るといったことができなくなります。

自己破産の選択に適した方

自己破産をするにあたっては支払ができないことが要件とされているので、債務額がごく僅かな方についてはこの方法を採ることはできませんが、それ以外の方であれば、以降自身の収入の範囲内で生活をしていくことが可能な限り、この方法による債務整理は行うことができるといっていいでしょう。