過払金返還

任意整理、個人民事再生、自己破産のいずれにおいても過払金が発生していることがあります。過払金とは、法律上認められている利率を上回る利率で利息を支払っている場合、余分に払った利息を元金に充てていくと、金融機関からはまだ債務があるものとして返済するよう請求されている場合でも、既に債務全額を完済しているということがあり得ます。このように、実は既に債務全額を完済しているにもかかわらず、金融機関から請求されるがままお金を支払い続けた結果発生するのが過払金です。

この過払金が発生していることが判明した場合には、金融機関に対し返還するように請求していくことになります。任意の交渉により返還するよう請求する場合と、裁判を行うことにより返還するよう請求する場合とがありますが、裁判を行う場合よりも裁判を行わない場合の方が、金額や返還時期といった返還に関する条件が悪くなることが通常です。裁判を行う場合には、裁判所に対し提出する印紙代、郵便切手代、登記簿謄本代を実費としてご負担いただくことになります。