個人民事再生

個人民事再生とは、債務整理のうち、裁判所に個人民事再生開始を申し立て、その手続において裁判所に提出する再生計画案につき裁判所の認可を受け、その後に再生計画案に従い債務の一部を返済していくことにより、残りの部分についての支払いを免除してもらう方法です。

デメリット

個人民事再生のメリットは、任意整理とは異なり法律に定められている要件を備えていれば法律の定めに従い債務の免除を受けることが可能になること、自己破産とは異なりご自宅をお持ちの方で未だ住宅ローンを支払中の方であれば、その後も住宅ローンの支払を継続することができるのでご自宅を手放さないで済むこと等が挙げられます。

デメリット

個人民事再生のデメリットは、裁判所に申立書を提出するためにご依頼者様ご自身に多数の資料を集めていただかなければならないこと等が挙げられます。

また、すべての債務整理手続に共通することですが、個人信用情報機関(所謂ブラックリスト)に事故情報が掲載されることになり、以降数年間は新たにお金を借りる、ローンを組む、クレジットカードを作るといったことができなくなります。

個人民事再生の選択に適した方

以降も返済を行っていくことになるので定期的な収入のある方、法律上の要件を備えていれば免除を受け得ることになるので借入期間が短期間の方、借入利率が低い方、ご自宅をお持ちで住宅ローンの支払を現在も行っている方等がこの方法には適しているといえます。